サカサクラゲピンチ

サカサクラゲはクラゲの中でも最も飼育しやすい種類と言われる。
クラゲはそもそも、その生態が完全に解明されていない上に、ペットとして一般家庭で飼育することについての方法ももちろん確立されていない。

サカサクラゲの成体は最近ではブリーダーによって繁殖されて、クレーンゲームの賞品にされたり、雑貨屋で販売されたりしているが、我が家のサカサクラゲはエフィラを経て現在はメタフィラといった段階。最初は硝子壜で飼育していたのだがだんだんと水の汚れがひどくなり、年末に底面フィルタの小さな水槽に移した。

給餌のために別の容器に移し、孵化仕立てのブラインシュリンプを与える。

サカサクラゲ/きらら舎

サカサクラゲの口は口腕(脚みたいなもの)の先にあり、そこから捕まえた餌を取り込む。
取りこまれた餌は真ん中の胃に運ばれるので、ブラインシュリンプを食べたサカサクラゲは真ん中が海老色に色づいている。

消化まではミズクラゲなどもみな4時間と言われているが、水槽は保温しているのに対して給餌容器の水温管理はしていないので4時間を待たずに水槽に戻してしまった。

水槽は数日で黄砂に覆われた空のような色合いを呈してきて、半分くらい換水しても全く改善されない。
底に置かれた珊瑚の欠片には細かい気泡がくっつき、これがクラゲの粘液でコーティングされてアドバルーンのようになっている。

そのうち拍動のたびに自分(クラゲ)自身が動いてしまうようになった。
傘がペラペラになってきたことを意味する。
壁にくっついていることができずにずるずると滑り落ちる。
わさわさとしていた口腕が黒く縮こまってしまった。


サカサクラゲ/きらら舎

これはまずいと、給餌容器にクラゲを移し(上の写真)、水槽を洗った。
淡水であれば水道の水を使ってもカルキ抜きを投入すれば1時間〜2時間で一応の飼育水が準備できるが、人工海水は作ってから24時間は置かねばならない。今回、水槽1つの水換え分の海水の準備はなかった。
それでも黄色い水の中にいるよりはましだろうと、作りたての海水を入れる。
底面フィルターでの濾過機能も十分に働いていないと考えられるので、接続部分などを再度つなぎ直したりしてみた。さらに、水流が弱い気がしたのでポンプを新調した。
水流がかなり強くなった。

クラゲが弱る原因は、
・水温
・水質悪化
・餌の不足

水質悪化には塩分濃度の間違いや別の物質の混入なども含まれる。

今回は、給餌量が逆に多く、十分に消化できていないうちに水槽に戻した結果、水が汚れ、しかも濾過機能が十分ではなかったため、一気に水質が悪化したと考えられる。
水質が悪化したため、クラゲがたくさんの粘液をだして、カサが薄くなり、口腕が縮まってしまったのだ。
黒く見えたのは、口腕が縮まったせいで、そこに存在する褐虫藻の密度が濃くなったためだろう。


あっという間に弱ったクラゲだったが、すでにかなり復活している。

生き物の飼育というのは、本や先人の知恵や、ネットの情報などの机上の知識だけではできるものではないとあらためて思う。
自分が飼っているその個体。
自分の家の環境。
ここまでの飼育状況など、すべてをひっくるめての判断と実行。
それが失敗の場合もあるだろう。
専門の医者が存在しないクラゲはなおのこと、試行錯誤して、少しづつ学んでいくしかないのだ。


元旦の空気

きらら舎

 

元旦。

わたしが子供の頃に比べると、特別感はずいぶんなくなっているけれど、それでも特別の朝という空気が充満している。

子供の頃は祖父はきちんと着物を着て、床の間には鏡餅が供えられ、お仏壇の花やお供えもいつもより豪華で、大掃除したてのぴかぴかな部屋で、家族全員でおせち料理を食べた。

父が作った凧をあげに土手へ行ったり、いろいろな人が新年の挨拶に来たり。

道路で羽根つきをしている人たちもいた。とにかく非日常の数日間の幕開けだった。

 

元旦の朝には、そんな遠い記憶の中の数日間につながっているような気がする。

 

 

 



もうすぐドールショウだなぁ

またもや、前回のブログから1年以上経過してしまった。
いい加減、このブログは削除してしまおうかとも思ったのだけれど、裏ブログだけあって、結構、「思うことがあった時」に記録しているので、このまま独り言用に残しておくことにした。

そういうわけで、もうすぐドールショウ。
今回で18回目。ちょうど6年が経った。

こんなに続けるとは思っていなかったというのが半分。
会場が変わらなければもっと続けていただろうなあと思うのも半分。

とりあえず、ドールショウは浜松町での開催の終了に合わせて一旦お休みすることにする。

結局、ほとんどすべて一人で行っているので、たとえばドールショウ前にはきらら舎の商品アップができなくなったり、ドールショウ前にカフェで準備をして、そこへドールショウ戻りの什器やセットが来るので、次の営業日までに片づけるのが大変になる。
もともと何かを保管しておくスペースも作業するスペースも狭すぎるから、イベントにはカフェの什器や作業場の抽斗を持参することになる。それが結構大変。
イベントが終わったら、一日ゆっくり片づけにあてられればいいのだけれど、終われば終わったで、商品アップや発送作業が溜まっている・・・・・

もはや、ここ数年は休日はない。
まあ、時間の配分やスケジュールはある程度自由に調節できるので、毎日が休みであるともいえるんだけど。


次回ドールショウ以降、ドールイベントへの参加は少し休んでみることにしたけれど
ドールユーザーを対象とした活動をやめるというわけではない。
ドールカフェをドールユーザー以外の人も楽しめるようにして(ミニチュア&ドールハウス的に、さらに、そのテーマを)、これまでのドールカフェのスタイルも残しつつ、結果的に2週連続の開催にする。

ドールアイテムの通販もきちんと行っていく。

とりあえず、自分が常駐する外部イベントは夏の博物ふぇすだけとなるわけで、
多少は、きらら舎とカフェをさらに充実させられればいいのだけど。

ドール部屋/cafeSAYA


小休止

こういう生活をしていると、結局、休みというものがない。
人からいわせれば、ほぼ毎日休みなのだともいう。
しかし、なんだかんだと陽は昇り、夜の帳がおり、また朝がきて、時間が過ぎていく・・・・・

気づけばプライベート用に始めたこのブログも、前回の投稿から1年近くが経過してしまった。

それで、ちょっと気分を変えて、文体を変えて、無責任な独り言を綴ることにした。


何年か前から、ドールショウに参加するようになった。
「継続は力なり」と思っているので、参加するからには継続していこうと思って、現在に至る。
しかし、ドールショウは当たり前だがドール関連のものを展示販売し、お客さまもドールユーザーである。
実際には製作しているもの、販売しているものはドールアイテムではないものが多い。
基本的に小さいものが好きだから、小さいものはたくさんあって、それをドールサイズといえばいえなくもない。
でも、人間サイズもたくさんある。
・・・それで、デザインフェスタにも参加するようにした。

が、これが意外と大変だった。
デザフェスに参加したおかげできらら舎を知ってくださったお客さまもあるだろう。もともと、より多くの方に知っていただくために外部イベントに参加をしている。
しかし、参加するためには販売するものを用意しなければならない。
母の世話や病院、サイトの更新やブログ、ツイッター、仕入れ、発送作業とカフェ・・・この合間にモノを作る。

イベント用のものを確保すると必然的にきらら舎のアップ数が減る。
そしてSoldOutだらけになる。

まずはこれを打破しようと思った。
デザフェスは当分参加を見合わせることにした。
それで、きらら舎のアップをコンスタントに行うことにした。
カフェのワークショップを充実させることにした。

まだ決意して始めたばかりではあるけれど、
年内、カテゴリーの整理も含めて生活のリズムときらら舎&カフェの充実をはかろうと思う。

現在は、毎週のカフェの営業日に、
「わざわざカフェに行く理由」となるものを企画するようにした。
現在は貝殻やウニをたくさん用意する期間で、その他に、透石膏を割る実演や蛍石の劈開体験などを行っている。
もちろん、ワークショップもできる。

こちらはプライベートのブログなので、こっそり書いてしまえば、蛍石の入手ルートを模索中で、
試しに買いつけてみたものが2週間ほど前から届いている。
先日は中国。
蛍石/きらら舎

蛍石/きらら舎

結構大きな八面体だった。


蛍石/きらら舎

小さ目なものは標本壜に入れての販売。

この業者は使えそう。
現在はこの他にもう1社、中国と、アメリカが2社。
イリノイ州産とニューメキシコ州産がそろそろ届く予定。

蛍石/きらら舎

蛍石/きらら舎

蛍石/きらら舎


銀太のダイエット報告

ほぼ年中無休なため、プライベートブログに書く記事はほとんどないまま半年以上が経過してしまいました。



銀太のダイエット・・・・・



その後どうなったかといえば・・・・・




前回のブログから2か月くらい経過した頃。



銀太



お昼寝用のベッドに入りきらなくなりました(つぶれているのがベッド)。



銀太



でも、お肉がついてるのであまり寒くはないようです。



ご飯は減量サポートと満腹サポートっていうやつ。


その他、おやつも人間の食べ物も全く食べていませんが・・・・・



銀太



猫用のベッドには入れないので、硝子が壊れた書棚が最近のマイルーム。




銀太



半年前より明らかに肥ったな・・・・・



ちなみに、もも(柴犬)は9kg。

もも




銀太
銀太12kg。


銀太ダイエット中

先日、ルーチカ相棒のTOKOさんに、3歳児と同じ体重だといわれて、ちょっとダイエットしてみました。



銀太 11kg!!


ドールカフェ『エピスリ』

ドールカフェ『エピスリ』。終了しました。
ご来店くださいましたみなさま、ありがとうございました。

ドールカフェ/cafeSAYA


ここから先はドール画像なので、たたみます。
また、販売セットや小さな煙草などの販売物はきらら舎にてアップ予定です。


ドールショウ35

ドールショウ35、無事終了しました。
ブースにお越しくださいましたみなさま、ありがとうございました。

ドールショウ35

ドールショウ35

ドールショウ35

今回のセットテーマはエピスリ。
フランス語で食料品店です。
イートインコーナーのあるお店屋さんを作りました。

ドールショウ35

続きはドール写真となりますので、たたんでおきます。


蝉 羽化

甥が捕まえてきた蝉の幼虫が羽化しました。
殻を脱いだばかりの蝉は幻想的な薄緑色で、美しいです。

以下、虫の写真になるので、たたんでおきます。



シオカラトンボ羽化

ずっと、いろいろ忙しくって、こちらのブログへアクセスしていませんでしたが、昨夜、甥のシオカラトンボが羽化し、写真を撮影したのでアップしておくことにします。

このヤゴはもともと北区の区民プールの清掃時、そこにいるヤゴを救出しようという企画があり、これに勝手に応募して弟の子供を派遣して連れ帰ったものです。
ただ、大きなヤゴはプールの管理の人が水を抜く時に流出させてしまったとかで、甥が連れ帰ったヤゴはちっこいものばかりでした。

数匹が羽化していったのですが、甥はそれに立ち会うことができないまま、夏休みとなりました。
午後8時頃、ヤゴ水槽に立てた割り箸に登ってきたヤゴが2匹。

割り箸に登ったヤゴの背中が割れて、白いトンボがのけぞって出てきました。

(以下、虫の写真が続きますので、嫌いな方はご注意ください)
続きを読む >>


| 1/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

Twitter

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode