記憶を売る店

 記憶を売る店、、、、、、ドールセットのテーマだったのですが、2011年は「時の標本展」、つまり古物カテゴリーのカフェイベントタイトルとなりました。
鉱物・標本カフェとアイテムがかぶっていましたが、これですっきりです。

今日は来年2月のカフェイベント『記憶を売る店』に招待したかった青山の日月堂さんを訪ねました。
日月堂さんには他の用事もあったのですが。



結局、時計部品的なものが多くなるとは思いますが。
部品そのままの販売。
部品を使ったオブジェや検眼レンズなどの販売。
硝子壜、硝子ペンの販売、、、、、の他に、古物商仲間に協力を募り、ご来店いただいた方が「古いモノ」が持つ「記憶」に共鳴していただくことを目的としています。
古いモノはそのモノが行くべき人のモトへ行くようななにか絆があるような気がしています。

古いものを購入して、、、、、さて、これをどうしよう!!と思ったときに、それを活用するご提案もいろいろ検討中です。

日月堂さんのアイテムは、予定としては数百円で買える紙モノをたくさん。
10年くらい前の半端なものじゃなくって、ちゃんと「記憶」を持ったモノたちをお借りして販売します。

今日は、ほかの仕入れもあって、車でいろいろ都内を巡りましたがクリスマスシーズンの都心は、まだまだバブル時代に比べると寂しい。年をとったせいなのかもしれませんが。
帰りは渋滞を覚悟していたものの、それほどでもなく帰宅できました。

今年もあと10日ほど。
今年こそは大掃除、できるかなあ。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode