ローマングラスの納品準備

 明日、ハンズにローマングラスを納品します。
来週、いいものがまた日本に届くようなので、明日は安いものだけ。
高額ないいものはとりあえず2つだけです。

ローマングラス/きらら舎

これが安いやつ。販売価格で500円〜1000円のもの。利益はほぼなし。
でも、いろいろな人に直にローマングラスを見てもらって、とりあえず購入してもらえらたいいなあと思っています。

ローマングラス/きらら舎

それで、これがちょっと高いもの。
小壜の底のようです。

ローマングラスは硝子器だった時の原型をとどめているものは何万円も、何十万円もするので買えませんが、少しだけ硝子器だった時の形が想像できると、二千年前に想いは飛びます。

小さな硝子壜はローマングラスとして販売されていることが多く、それはもちろん、大きなお皿などに比べて割れにくかったからという理由ですが、こんな小さな壜を何に使ったのかなあと思うのです。
ちょうどボトルシアターの庭(モスキートガーデン)にたくさん眠っているペニシリンの壜くらい。
香水壜というにはシンプルな形です。

ローマングラスコレクターの間ではもっぱら「涙壺」と呼ばれています。

恐らくは香油の壜なのでしょうけど、「涙壺」という名前は気に入っています。

ローマングラス/きらら舎

こちらはさらに高いもの。
もとの硝子の色が青くて素敵です。
湾曲していて、なぜか直角にカットされている……
その断面にもパティナが出ているので、この直角は二千年前からこの形だったのか。

硝子を眺めて妄想すると、あっという間に夜は更けます。

それで、納品予定だった「穴なし」の欠片たち。
あれは納品しないことにしました。
尖がっているし。第一、やけに青いから(笑)

そのうち、「何か」に姿を変えて登場させてみます。


コメント
こんにちは。ローマングラス麗しいですね。

多くは、地中海東岸から出土すると聞いています。

多くの方に古代ローマの技術の高さ、美を
感じられる事かと思います。
  • ヨシヒロ
  • 2014/07/28 12:31 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode