ご心配をおかけしました by 銀太

2月に体調を崩し。
動物病院に電話したところ、急いで連れてきなさいと言われて、近所のペットグッズを扱っているお店で一番大きなキャリーケースを買って、銀太を押し込み、もも(犬)はリードで引っ張って病院に行きました。

病院の先生は、銀太を見るやいなや。
「もっと大きなキャリーケースを買ってあげてください」と。
本当にぎゅうぎゅうづめで、身動き一つ取れなかったのでした。

その後、もものほうが大変な病気だったので、銀太はすっかりほったらかされていました。
……というのも、乳鉢で極めて細かい粉末にした薬をご飯に混ぜても
「へんな味がするよ」とギロリをにらんで口をつけず。
錠剤のまま無理やり口に押し込んでも、呑んだふりして部屋の隅っこで吐き出すという悪っぷり。
結局、自力で治しました。

でも、ほとんど体重減少はなく。
こんな感じです。



心配してくださったみなさま、ありがとうございました。俺は元気になりました。  by銀太


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode