シオカラトンボ羽化

ずっと、いろいろ忙しくって、こちらのブログへアクセスしていませんでしたが、昨夜、甥のシオカラトンボが羽化し、写真を撮影したのでアップしておくことにします。

このヤゴはもともと北区の区民プールの清掃時、そこにいるヤゴを救出しようという企画があり、これに勝手に応募して弟の子供を派遣して連れ帰ったものです。
ただ、大きなヤゴはプールの管理の人が水を抜く時に流出させてしまったとかで、甥が連れ帰ったヤゴはちっこいものばかりでした。

数匹が羽化していったのですが、甥はそれに立ち会うことができないまま、夏休みとなりました。
午後8時頃、ヤゴ水槽に立てた割り箸に登ってきたヤゴが2匹。

割り箸に登ったヤゴの背中が割れて、白いトンボがのけぞって出てきました。

(以下、虫の写真が続きますので、嫌いな方はご注意ください)
ヤゴの羽化

のけぞって出てきた小さな白いトンボはその後、体勢を整えました。

ヤゴの羽化

プルプルッと体を震わせるたびに翅が伸びていきます。

ヤゴの羽化

ヤゴの羽化

ヤゴの羽化

ヤゴの羽化

不思議なことは、たった1〜2時間のことなのに、もとの抜け殻に比べて、それにつかまったトンボはどんどん大きくなっていったことです。

ヤゴの羽化

閉じていた翅が突然ぱっと開いて、よく知っているとんぼの形になりました。

8時頃から棒に登り始めたヤゴが翅を開いたのが午前1時。

すでに眠っていた甥を無理やり起したのですが、小学2年生には無理だったようで、ちらりと見て、またすぐに眠ってしまいました。

やがてとんぼは割り箸から飛び立っていったのですが。

・・・・・今朝。甥が起きた時に、マンションの廊下の壁に1匹止まっていたのです。

「僕を待っていたみたい。さよなら言えてよかったよ。」


ちょっとしたいい話になりました(笑)



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の記事

カテゴリー

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode